* にのみやさをり作品集 / my eyes, my mind *
HOME  »»  All photographs  »»  地平〜鎮魂景
info »
thumbnails ▼

◆地平〜鎮魂景

当時私は世界で迷子になっていた。世界から外されてしまったんじゃないか、もう私は世界の一員に戻ることはできないんじゃないかと本気で思っていた。
そんな私にできるのは、私の「今の心情」をカタチにすることだけで。
そこから、これらの画が生まれた。


そして気づいたのは。
世界はいつだって私の前にあるということ。世界は決して私を拒絶したのではなく、むしろ拒絶したのは私の方であったということ。
そして手を伸ばしさえすれば、世界はいつだって、そこに在ったということ。


性犯罪被害に遭い、世界がモノクロにしか見えなくなって。いつだって私は途方に暮れていた。
私はもうみんなとは同じになれないんじゃないかと。それにばかり焦っていた気がする。
でも。 同じになる必要なんて、実はどこにもなかったということ。 私は私で在れば、それでよかったのだということ。


今もし世界で迷子になっている誰かがいるなら。伝えたいと思う。
大丈夫、迷子になっていると感じられる限り、世界はすぐそばにあるよ、と。
あなたが顔を上げさえすれば、世界はその目の前に広がっているのだよ、ということ。 どうか。


俯くしかない時がある。迷子にしかなれない時がある。
そういう時はそれをあるがままに受け容れて。そして、
今できることを、ひとつひとつ丁寧に積み重ねていこうと思う。 私も。あなたも。 「今」がすべてで、私たちは「今」を積み重ねていく生命なのだから。


「今」を、愛そう。

© Saori NINOMIYA